もし部品がひとつなくなってしまってもこれがあれば大丈夫!

模型の箱の中に入っている部品請求カードはメーカーの心遣い

望月陸史(タミヤ・企画開発部)先日、私にとって、少しばかり愉快なことがありました。わが社のアフターサービス課からの連絡で、「あのー、社長のお孫さんの名前って、確か○○ちゃんですよね」「うん、そうだけど」「部品請求がきてるんですが、お金いただいていいんでしょうか?」「ああ、そう。部品請求書を送ってきたんだろ?いいよ、もらいなさい」部品請求を送ってきたのは、幼稚園に通っている私の孫でした。あとで娘に聞いたら、いま、ミニ四駆に夢中になっているらしいのです。

「おかあさん、一個、部品がなくなっちゃった」「じゃあ、タミヤへ講求しなさい」宛名は母親に書いてもらって、ほかは自分で書いて送ってきたのです。請求書を郵送して部品が届くまで、どんなに早くても4日はかかります。ですが孫はポストに投函した翌日、幼稚園から帰ってくるなり、「おかあさん、タミヤから部品来た?」と、聞いてきたそうです。

結局、部品が届くまで毎日「タミヤから部品来た?」と言っていたと聞いて、思わず吹き出してしまいました。おじいちゃんに頼んでタダでもらうより、メーカーに注文して部品が届く。そういうことも子どもにとっては、楽しみのひとつなのだろうと思います。私が組み立て説明書に部品請求カードをつけるようにしたのは、はじめてのプラモデル「戦艦武蔵」のときからです。しかし、それ以前にも、たまに部品請求のハガキがくることはありました。プラモデルの製造をはじめたころは午後10時ぐらいに仕事をおえ、そのあと模型ファンからの手紙に目を通すのが1日のしめくくりでした。
いわゆるホビーのジャンルであるプラモデルやラジコンが子供の頃からとても好きです。組み立てはもちろんのこと、たくさん飾っていると満足感に浸ることができますよね。


新着情報
2015/01/06 おすすめ記事を更新しました。
2015/01/02 新着記事を更新しました。
2015/01/01 中央ブロックの角地を更新しました。
2014/12/29 レース・ミーティングを更新しました。
2014/12/27 主力ブランドを更新しました。
2014/12/25 アフターサービスを更新しました。
2014/12/24 模型の箱の中に入っている部品請求カードはメーカーの心遣いを更新しました。
2014/12/21 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
ホビー模型店ホームページ原鉄道模型博物館鉄道模型 ホビーステーション
東京都世田谷区にある模型店HP。プラモ、工具、電子部品等。工作用品多数取り扱い。国内最大級、世界でも一番と噂の原信太郎氏が作り上げた鉄道模型レイアウトなどの博物館です。横浜市西区の鉄道模型販売店。コレクション、関連書籍取り扱い。買い取り、委託販売有り。